プチ整形で自信が持てるきっかけ作り❘世界が変わる美貌

大事なカウンセリング

先生

私達が過ごしている生活の中にはテレビや雑誌が豊富に溢れており、その中で活躍する芸能人に対して憧れを抱くことがあるでしょう。女性芸能人の多くが、目鼻立ちがはっきりしていたりスレンダーな体型であったりと一般人が理想とする外見を持っているものです。美容外科にてプチ整形を受けようかと悩んでいる女性は、理想の姿へ近づく為にカウンセリングで注意をしましょう。カウンセリング時に、しっかり医師とイメージを共有することによってプチ整形の成功率を確かに高められます。美容外科に携わる医師の多くが実績を豊富に持っているものですが、利用者によって理想とする形は異なるものです。

ほとんどの美容外科で行なわれているカウンセリングは施術前に、医師と利用者の2人で進めてます。このカウンセリング時には、どのような仕上がりを希望するのかしっかり伝えることが重要視されています。美容外科の中には、CGを用いてパソコン画面を通して仕上がりイメージを具体化しているところもあるでしょう。顔のパーツを改善する施術の場合、憧れの芸能人の名前を出す利用者も多く、美容外科ではその芸能人をランキング化していることもあります。美容外科の「なりたい顔ランキング」には、その時期の旬となる芸能人の名前が並ぶ一方で、いつまで経っても人気が衰えない芸能人の名前も変わらずあり続けます。具体的な例があると、施術を担当する医師にも理想とするイメージが伝わりやすくなるでしょう。

プチ整形を含め、美容整形を受ける際には多少なりとも施術後にダウンタイムが生じます。二重形成術には埋没法と切開法がありますが、そのどちらも施術後に目の腫れや赤みが生じます。場合によっては痒みも伴うでしょう。そうした目の変化を周囲の人に感じ取られたくないという場合は、仕事やプライベートの都合をあらかじめつけておきましょう。そうすることによって、プチ整形を受けた旨を知られることがありません。カウンセリング時には、施術によって異なるダウンタイムの症状を知らせてもらえるので、都合をつける際の参考材料にしましょう。切開法の場合は術後の腫れがひいてきても、抜糸する際に再度腫れが生じることもあります。完全に腫れや赤みがひくまでには1~2ヶ月掛かるケースもあるので、その点を考慮してプチ整形を受けることです。

ダウンタイム中の注意事項はあらかじめ確認しておき、生活の中で気をつけておきましょう。目に直接メスを入れている切開法は、施術当日から約1週間はメイク禁止となります。しかし、糸でまぶたを数点留めるだけの埋没法であれば施術の翌日からメイク可能です。そのどちらにおいても、体に強い負担が生じるサウナは、施術からある程度の日数が経過してから利用するようにしましょう。ダウンタイムに不安があるなら、施術を受ける前に全て解消しておくべきだと言えます。